Scroll

サービス概要

当社が提供を目指すサービスには、需要家・発電家双方に対して電力取引をサポートする機能、
さらに、環境価値や再エネ電源の取引をサポートする機能があります。

サービス概要

サービス紹介動画

電力取引

概要

デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)は、日本初の民間による「自由な電力取引市場」です。
DGP利用メンバーである「サービスプロバイダ(SP)」となることで、自由に電力を選択・売買することが可能となります。
DGPは、2020年1月に商用運転開始予定です。

電力取引支援機能(DGP)

提供機能

DGPでは、電力売買に必要な各種システムを提供しております。
具体的には、エンドユーザの電力契約管理ツール、AIによる予測機能、電力需要・調達の計画提出機能などがあります。
そのため、DGP参加者はシステムへの初期投資なく電力取引が可能です。

電力取引支援機能(DGP)

DGP利用メリット

需要家にとってのメリット

  • 自然エネルギーを識別・選択して電力調達が可能となります。
    多数に分散した需要を自動に予測し、グルーピングしてそれに見合った電源を調達可能になります。
    電源としては再エネ電源も視野に入れています。
  • 取引コスト削減の結果、比較的安価かつ安定価格の電力調達の可能性が見込めます。

発電事業者にとってのメリット

  • まとまりのある、かつ長期間の需要に対して、長期相対機能を活用可能になります。
    それにより、営業コストをかけずに需要を安定的に確保することが見込まれます。
  • 小規模電源の保有者でも取引可能になります。

環境価値取引

概要

デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)は、電力売買取引に加え、環境価値属性の取引プラットフォームも構築しています。
我々はこの環境価値のことをCREV(Certificate of Renewable Energy Value)と呼んでいます。
 日本において再エネ電源数が限られている中、ブロックチェーンを用いた電源識別技術の強みを活かし、
 自家消費されている再エネ価値も取り扱うことで、眠っている再生可能エネルギーの価値を創出して参ります。

 この技術は、環境省の「ブロックチェーン技術を活用した再エネCO2削減価値創出モデル事業」の中で実証を進めております。
グリーン電力証書やJ-クレジットなど様々な既存証書ともうまく連携し、再生可能エネルギーが自己消費される量を正確に計測し、
ブロックチェーン技術を活用しながら環境価値の調達を目指す企業などに販売するスキームの実現を目指しています。

CREV

デジタルグリッドコントローラ(DGC)

デジタルグリッドコントローラ(Digital Grid Controller:DGC)は、
取引機能を有するデジタルグリッドプラットフォーム(Digital Grid Platform : DGP)と通信しつつ、
各拠点に設置された電力メータのデータを正確に取得し、環境価値をブロックチェーンで証書化するIoTデバイスです。

CREV