実績

トップページ実績浦和美園実証

浦和美園実証

 2017年度・2018年度・2019年度(予定)に環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択され(事業名:再エネ導入を加速するデジタルグリッドルータ(DGR)及び電力融通決済システムの開発・実証)、当社が代表企業となって推進している事業です。埼玉県さいたま市の浦和美園地区にて、新たに建設されるスマートハウス(戸建て)と、大型ショッピングモール及び、コンビニエンスストア間で電力融通の実証試験を行うべく開発を推進しています。
 スマートハウス5軒に対して、DGRと約5kWの太陽光発電、蓄電池を設置すると同時に、5軒間を自営線で結びます。5軒の間では、太陽光発電出力によって蓄電された電力の融通が、常時・非常時に行われます。さらに、浦和美園駅近くのショッピングセンターには60kWの太陽光発電とDGRが、近隣のコンビニエンスストアにはDGCが設置され、電力系統を介して、住宅~コンビニエンスストア間、コンビニエンスストア~ショッピングセンター間、ショッピングセンター~住宅間での電力融通が行われます。融通のための需給間のマッチング処理は、ザラ場市場にてデジタルグリッドプラットフォーム上で行われます。DGRやDGCとクラウドの間の処理は、ブロックチェーン技術が用いられます。

サービス概要