Scroll

会社概要

社名 デジタルグリッド株式会社
本社 〒100-0005 
東京都千代田区丸の内2-2-3 
丸の内仲通りビル7階
第1分室 〒100-0005 
東京都千代田区丸の内2-3-2 
郵船ビルディング5階
設立 2017年10月16日
資本金 資本金 11億6,000万円
(2019年9月30日、資本準備金含む)
従業員数 従業員 16名(2019年9月30日現在)
事業内容 情報と電力と金融を融合した
総合エネルギーサービス事業
代表取締役社長 豊田 祐介

会社沿革

2011年6月 東京大学総括寄付講座
「電力ネットワークイノベーション(デジタルグリッド)」設立
2017年
10月
デジタルグリッドプラットフォーム株式会社(当社旧名)創業
2017年
12月
デジタルグリッド株式会社に社名変更
2018年
3月
環境省平成30年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業 「再エネ導入を加速するデジタルグリッドルータ(DGR)及び電力融通決済システムの開発・実証(2年目)」を代表事業者として受託
2018年
3月
環境省平成30年度ブロックチェーン技術を活用した再エネCO2削減価値創出モデル事業
「デジタルグリッド技術を用いた自家消費される再エネCO2削減価値の事業者向け取引・決済システム検討事業(1年目)」 を代表事業者として受託

役員・社員構成

豊田 祐介

代表取締役社長

2012年東京大学大学院工学系研究科修了(技術経営戦略学専攻/阿部研究室卒業生)後、ゴールドマンサックス証券に入社。
証券部門において為替・クレジット関連の金融商品組成・販売に従事し、戦略投資開発部においては主にメガソーラーの開発・投資業務に従事。
2016年よりプライベートエクイティ(PE)ファンドのインテグラルにおいて幅広いセクターにおいてPE投資業務を行い、2018年よりデジタルグリッドに参画。
2019年7月2日にデジタルグリッド株式会社代表取締役社長に就任。

松井 英章
取締役

1996年早稲田大学大学院理工学研究科修了(物理学及応用物理学専攻)。
日本電信電話(株)、(株)野村総合研究所でシステムエンジニアとして大規模システム開発に従事した後、2001年より(株)トーマツ環境品質研究所に移り、環境関連コンサルティング分野に転じる。
2007年、(株)日本総合研究所入社。多数の再生可能エネルギー・分散型エネルギー・スマートシティ関連のプロジェクトを推進。
2015年よりデジタルグリッド関連のプロジェクトにも参画。2018年、デジタルグリッド株式会社入社。
2019年8月23日に取締役に就任。

近清 拓馬
取締役

2013年に東京大学大学院工学系研究科修了(技術経営戦略学専攻)後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。
エネルギー関連の製造業を中心に、戦略立案、経営改革、オペレーション改善プロジェクトに多数従事。
2017年より1年間、国内重工系メーカーへ出向し、電力ビジネスに携わる。
その後マッキンゼーに復職。2019年よりデジタルグリッド社に参画。
なお大学時代には阿部・茂木共同研究室に所属。サウジアラビア・リヤドに約2か月間滞在し、政府機関K.A.CAREにて砂漠地帯における太陽光発電システムの経済性を研究。
2019年8月23日に取締役に就任。

井野 好男
コーポレート本部長

1986年早稲田大学法学部を卒業後、JPモルガンにて国際市場業務及び投資家向け市場商品開発業務に従事。2002年より、(株)あおぞら銀行にて、米国勤務を含む国内外投資業務等を主導。2015年、再エネ事業会社リニューアブル・ジャパン(株)にて、企画業務第一部長兼企画業務第二部長、再生エネルギー事業本部・副本部長。2016年2月、アールジェイ・インベストメント(株)設立後、代表取締役。2016年8月、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人の設立とともに執行役員兼務、2017年3月に本投資法人は東証インフラファンド市場にてIPO。2018年、デジタルグリッド株式会社入社。

高坂 大介
システム開発部部長

2002年山形大学大学院工学系研究科電気電子工学専攻を終了後、株式会社NTTデータに入社。研究開発部門での技術研究や大手通信事業者、金融機関、電力会社などさまざまな産業のシステムインテグレーションを経て、 同社グループのブロックチェーンCoEとして、2017年よりブロックチェーンやIoT等のデジタル技術を用いた次世代電力システムや電力データ活用の実証事業提案・推進に従事。 デジタルグリッドプロジェクトには東京大学IoE社会連携講座発足当時よりブロックチェーン技術アドバイザとして参画。2019年デジタルグリッド株式会社に入社。同年8月より現職。
-----
著作・寄稿等 2019年 ブロックチェーン 仕組みと理論 増補改訂版(共著) リックテレコム

田坂 芳史
システム開発部

2003年に福岡大学応用数学科卒業後、 (株)九州テンを経て、キーウェアソリューションズ(株)において、システムエンジニアとして、 主に通信基地局制御、航空管制のシステム開発に従事。2016年よりオイシックス株式会社に入社後、 ECサイトの基盤刷新業務等に従事。2019年、デジタルグリッド株式会社入社。

高橋 航
システム開発部

2017年、東京大学大学院新領域創成科学研究科修了(複雑理工学専攻/核融合研究教育プログラム修了)後、ソフトバンク株式会社に入社。次世代通信規格(5G)に係る電波法/無線設備規則といった国内制度整備や国内制度改正に伴った標準規格(通信分野)の改定、携帯電話基地局から他事業者装置に対する電波伝搬シミュレーションを基に電波干渉量に関する事業者間調整業務に従事。2018年、デジタルグリッド株式会社入社。

伊藤 誠
EPC事業部 部長

1984年、東京理科大学理工学部電気工学科を卒業後、東京電力株式会社に入社。 配電計画、系統運用など、配電業務全般に従事。 2016年に退職後、東電タウンプランニング株式会社に入社。 設備の接地管理を実施。 2019年6月、デジタルグリッド株式会社に入社。 第2種電気主任技術者

福本 明夫
EPC事業部

1982年10月大成ナグバス株式会社入社。一貫して電気通信設備の施工及び 施工管理に従事。 2001年同社取締役に就任。 2007年から子会社の大同通信建設の代表を兼務。 2019年デジタルグリッド株式会社入社。これまでのキャリア・スキルを活かして新たな領域に挑戦。

田村 誠規
コーポレート本部

2004年、九州大学経済学部卒業。スターバックスコーヒージャパンにおいて マネジメントの一員として店舗の運営や従業員の育成に従事。 2015年、税理士事務所に入所。仕訳の起票から月次、年次の財務諸表の作成及び 決算業務、法人の立上げや個人・法人の各種税務申告書の作成等税理士事務所と しての業務全般に従事。飲食業や建築業、宗教法人やガス販売業など様々な業種 の会計に携わる。 2019年、デジタルグリッド株式会社入社。

高橋 佳月
コーポレート本部

家政学部で生活美術・インテリアを学び、住宅メーカー、不動産販売、総合建設 会社技術研究所、設計事務所にて、接客・接遇研修・営業事務サポート等に従事 したのち、2019年4月デジタルグリッド入社。

石原 智
広報室長

Comming soon.

越村 吉隆
相談役

1984年に東京大学文学部を卒業し、同年小西六写真工業株式会社(現コニカミノルタ)入社。1991年鹿島建設株式会社入社。途中、米国子会社、財団法人建設経済研究所等への出向を経験。さらに同社研究技術開発本部R&D企画室等にて多数の国家実証開発プロジェクトに参画。その後、東大・阿部研究室と共同でデジタルグリッドルーターの開発を推進するため2014年立山科学工業株式会社へ入社。事業企画部長としてデジタルグリッドルーターの開発・実証プロジェクトを牽引。2017年に同社から移籍し、現デジタルグリッド社を設立し代表取締役社長に就任。2019年7月相談役に就任。

中村 公彦
最高技術顧問

1976年に東洋大学工学部電気工学科(電子工学専攻)卒業後、田中電子工業株式会社を経てソニー株式会社入社。オーディオ事業部にて回路設計、スイッチング電源開発後、磁気デバイス開発営業やインキュベーション事業開発営業等に従事。その後、ソネットエンターテインメント株式会社(So-net)設立時より、テクニカルサポートの立上げ及び、サポート用システム開発&システム運営責任者となる、リスクマネジメントセクション立上げを担う。2007年、立山科学工業株式会社に入社し、技術本部にてデジタルグリッドルーター開発などを推進。2017年、デジタルグリッド株式会社 取締役就任。2019年6月取締役退任、技師長に就任。2019年7月最高技術顧問に就任。

出資企業一覧

2019年9月30日現在、以下の企業から出資を頂いております。